「アキュテイン」を通販する前に知りたい!副作用とは

最強のニキビ治療薬として、人気のアキュテイン。
高い効果でニキビを撃退してくれる反面、気を付けなければいけない注意点や強い副作用があるお薬です。服用前に必ず目を通し、内容を理解した上で服用をはじめましょう。
ココからは、アキュテインを服用することができない方や注意点についてご紹介します。

アキュテインを通販する前に!服用できない人とは?

女性がダメサインを出している
アキュテインに含まれている「イソトレチノイン」。
この有効成分は肝機能に負担がかかるお薬です。そのため、以下に該当する方は服用することができません。

・妊娠中
・妊娠を考えている
・妊娠の可能性がある
・母乳をあげている
・パートナーの女性と妊娠を考えている
・12歳以下の子供

その他の注意点として、服用後1ヵ月間は「搾乳」や「献血」はしないようにしましょう。

イソトレチノインは胎児に悪影響が!?

イソトレチノインは、胎児への重篤な悪影響があるお薬です。
服用中に妊娠していると以下の副作用が挙げられています。

・胎児の奇形
・流産
・死産
・早産

服用中に妊娠してしまった場合、ただちに使用をやめ医師へ相談してください。

イソトレチノインの副作用について

イソトレチノインには、そのほか鬱病や自傷行為になるという報告も挙げられています。
しかし、実際には重度まで進んだニキビにより、鬱の症状やコンプレックスから自傷行為に走りやすいという報告もあります。ニキビが改善することで、「精神的なストレスも減った」「気分が前向きになれた」という声もあるため、全ての人に精神疾患がでるわけではありませんが、もともと精神疾患を抱えている方の服用は注意が必要なお薬です。

またアメリカでは、胎児への影響や精神的な副作用を懸念して、すでに個人輸入は禁止になっています。十分に副作用や注意点を理解した上で服用するか決めていきましょう。

アキュテインを服用すると「好転反応」で悪化する?

アキュテインを服用すると、1週間ほどで皮脂分泌がおさまってきます。その後、個人差はありますが、2週間~1ヵ月後に好転反応とよばれる、一時的に症状が悪化する事態になる方がいるようです。

好転反応とは、体がもとに戻るためにおこる、一時的に症状が悪化したような状態のことです。見た目がもとの状態より悪化するため、一見すると悪いようにおもわれますが、お薬の有効成分が体に浸透しているサインなんです。調整反応とも呼ばれており、細胞が活性化し、老廃物や溜まった有害物質が排出され、リンパや血液の流れが活発になっている証拠ともいわれています。

もちろん、全員に好転反応がおこるわけではありません。しかし、中には症状に驚いて急に服用を中止してしまう方もいるようです。そうすると、せっかく良くなろうとしているニキビが改善されず、もとの状態に戻ってしまいます。好転反応の症状や状態について、不安な場合は医師へ相談していきましょう。

アキュテインの服用方法とは?

アキュテインを正しく服用して、安心・安全にニキビを治療しましょう!
服用方法は以下のとおり。

・体重1kgに対し0.5~2mgを服用する
→体重50kgの場合、1日25~100mgを2回に分けて服用します。

・服用時は水またはぬるま湯で1日2回に分けて服用しましょう。

まとめ

強いパワーで人気のニキビ治療薬アキュテイン。
反面、強い副作用からアメリカではすでに個人輸入は禁止されています。とくに妊活中の女性や母乳を上げている女性は服用を見送りましょう。しかし妊娠を考えている人が、絶対に服用できないというわけではありません。

イソトレチノインの成分が抜けきる1ヵ月後であれば、妊娠や献血も問題ないとされています。ニキビ治療を最初にするか、妊娠後にするかパートナーと相談して決めていきましょう

投稿日:

Copyright© アキュテインを通販でゲット!最強ニキビ治療薬の効果とは? , 2019 All Rights Reserved.