アキュテインはニキビ治療薬!お肌の構造とスキンケアについて

毎日のスキンケアは、こすらずやさしくが基本

とわかっていても、ザラザラっと角質を感じると洗顔もついゴシゴシ洗いになってしまいます。できてしまったニキビケアはもちろん、肌トラブルになりにくい肌づくりのために、毎日のスキンケアはとっても大切。

ココからは正しいスキンケアを身につけるために、お肌の構造も合わせてご紹介します。

スキンケアの前に知ってほしい~お肌の構造について~

スキンケアの前に知りたい!肌の構造について
そもそもお肌は、わたしたちのカラダを守るために重要な役割を担います。

・肌から水分が失われることを防ぐ
・体温を調節する
・外からの刺激を感知する
・微生物や外部からの刺激からカラダを守る

そんなお肌の構造について、もう少し詳しくみていきましょう。

お肌は「3層」に分けられる

肌は三層に分かれている
肌は大きく分けて3層にわけることができます。

肌の構造 役割
表皮 外部の刺激から肌を守り、水分の蒸発を防ぐ
真皮 表皮へ栄養をおくり、血管や神経、汗線などを保護している
皮下組織 カラダをあたため、クッションの役割で外部からカラダを守っている
エネルギーを脂肪として蓄える

【表皮】
表皮は大きく分けて「3層」にわけられます。
上から「表皮」「真皮」「皮下組織」となり、鼻や額はわずか2ミリほど。全体的には4ミリの厚さになっています。細胞が基礎部分から分裂して分化し、平らになって積み重なっていきます。最後にはアカとなり剥がれおちていきますが、これを「ターンオーバー」といいます。

【真皮】
真皮層は3つの構造からなっています。
上から「乳頭層」「乳頭下層」「網状層」と、血管や神経、皮脂腺や汗線があるのが大きな特徴です。コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、線維芽細胞など美肌づくりのために欠かせないアイテムが揃っています。

【皮下組織】
表皮と真皮層を支えており、そのほとんどは多量の脂肪になります。
血管や神経もあり、体温調節をして外部からの刺激からカラダを守っています。

肌はうるおいが命!ニキビなどの肌トラブルを避けよう

肌は保湿が大切!化粧水のタイミングは1分以内
潤っている肌は、肌のバリア機能が高くニキビができにくい肌に。

ニキビを予防するという意味でも、毎日のスキンケアで「保湿」はとっても大切なんです。

一般的にうるおっている肌の水分量は、角質で15~20%あります。

表皮や真皮では60~70%の水分をふくんでいますが、肌が「カサカサしている」と感じるときは、角質の水分量が10%以下になっていることがほとんど。

そのため、化粧水や乳液、クリームなどスキンケアで目指すところは、一定の水分量をつねにキープすることなんです。

化粧水のタイミングについて

洗顔やシャワー、入浴後は「5分以内に化粧水で保湿しましょう」というのは、多くの方が1度は耳にしたことがあると思います。

その中でも、一番気をつけてほしいのは「入浴後」。

入浴後はカラダがあたたまるだけでなく、血流のめぐりがよくなるため定期的な入浴はオススメです。
肌の水分量も入浴中は2倍近くになるため水分量を上げるという意味では正解◎

しかし入浴後1分すぎると急速に乾燥がはじまるのも特徴で、保湿のタイミングがズレてしまうと、入浴前よりも乾燥してしまいます。

そのため入浴中、もしくは入浴後「1分以内」に化粧水で保湿することが重要なんです。
すぐにケアできるよう、お風呂にスキンケア用品を一緒にもっていくことがオススメ◎

ニキビの種類で治療法が違う!自分の肌状態をチェックしましょう

一口にニキビといっても、大きくわけて「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」に分かれます。

またそれぞれで進行具合もことなるため、治療法も異なってくるのです。

まずは自分の肌状態を知り、初期の場合はスキンケア方法の見直しや生活習慣などをみなおしていきましょう。中~重度まで進んでしまった場合は、アキュテインなどの治療薬を合わせてニキビ改善を目指していきましょう。

その場合、皮膚科で医師の診断をうけることをオススメします

投稿日:

Copyright© アキュテインを通販でゲット!最強ニキビ治療薬の効果とは? , 2019 All Rights Reserved.