アキュテインの「ジェネリック医薬品」も通販できる! 

アキュテインにも、いくつかのジェネリック医薬品があります。
これらも、「個人輸入代行」を使えば通販購入が可能!
ジェネリックなら、効き目そのままにさらに安価で手にいれることができます。

「ジェネリック医薬品」と「新薬」はなにが違うの?

医薬品の図
ジェネリック医薬品は、先に開発された新薬と同じ有効成分を使っています。
そのため、効き目や安全性も同等なお薬なんです。大きな差ではありませんが、ジェネリック医薬品の場合、各製薬会社が独自の形状や色、香りで差別化をするケースが多く、より飲みやすく進化した治療薬といえます。

ジェネリック医薬品について

新薬の特許期間がすぎると、その権利は「国民の共有財産」となります。そのため、他の製薬会社から同じ有効成分を使い、製造・販売ができ、後発薬もしくはジェネリック医薬品と呼ばれています。

「ジェネリック医薬品」が「新薬」と比べて安いワケ

先に開発される新薬は、その開発費に数百億~数千億円かかっているといわれています。そのため、発売される際にはその金額が反映されるため、ジェネリックと比べると高くなってしまうのです。また、新薬を開発した製薬会社は、製品をある一定期間(約20年前後)独占的に製造と販売ができる「特許期間」があり、他の製薬会社は製造することすらできません。

【ジェネリック医薬品】もっとも多く使われている国はドコ?

日本での普及率は、海外と比べて大変低くなっています。厚生労働省が2020年の9月を目標にシェア率80%をめざし、年々伸びてきてはいますが、世界の使用率と比べるとまだまだ低い傾向に。

ジェネリック医薬品のシェア率
シェア率
アメリカ 92%
ドイツ 86%
イギリス 77%
フランス 68%
日本 59%

※2016年度調べ

日本でも国をあげて、ジェネリックの普及に努めています。今後、需要があがることに間違いはありませんが、わたしたちが利用するにあたってのメリットはあるのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

ジェネリック医薬品を使用するメリットとは?

ジェネリックを利用すると、大きなメリットが2つあります。

1、自己負担額の軽減
新薬を治療薬として利用すると、ジェネリック医薬品の2倍もの自己負担がふえることがあります。約30~60%は安くなると言われており、とりわけ長期的な治療が必要な病気や症状ほど、経済的な負担が軽くなるのです。

2、医療費の軽減
お薬を購入するとき、その購入金額の内訳は、国が負担する医療保険とそれ以外の自己負担額に分けられます。ジェネリック医薬品の利用により、国が負担する医療費も抑えられるのです。

ジェネリック医薬品を頼むには?

病院のなかには、ジェネリックを利用していない場合もあるでしょう。
そのさいに、処方箋をみて確認できる方法が、処方箋内になる「変更不可」欄に、「✔」や「×」がついている場合は、原則として変更ができず、新薬を使うことになります。反対に、印が付いていない場合はジェネリックに変更が可能ということです。すでに処方されているお薬があれば、一度目を通してみましょう。

医師(病院)や薬局ではどうすれば?

病院や薬局では、主に以下の3通りの方法でジェネリックを選ぶことができます。

1、医師へ直接伝える
2、薬局の薬剤師へ直接伝える
3、ジェネリック医薬品お願いカードを提示する

まとめ

アキュテインは新薬にあたります。
いまでは同等の効果が得られ、なおかつ安くすむジェネリック医薬品の利用が進んでいます。効き目も安全性も同等なことは、すでに厚生労働省も認めています。

通常、アキュテインの利用は最低でも3ヵ月、平均しても4~6ヵ月続けての利用が推奨されています。「ニキビ治療をしたいけど、できるだけコストを抑えたい」そんな方は、ジェネリック医薬品を利用しましょう!

更新日:

Copyright© アキュテインを通販でゲット!最強ニキビ治療薬の効果とは? , 2019 All Rights Reserved.